神奈川県大和市にあるHair Make PLUS
私の行きつけのヘアサロンがここ
そして ここの髪結いの亭主が、うのさん。

昨年のいつ頃だったか・・、
カリフラワーが大好きな私がハルサーを始めていたうのさんに
そのカリフラワーの栽培をリクエストしたことがあった。
(※ハルサーとは沖縄方言で「畑で働く人」のこと)

自宅最寄駅前の市営の畑を借りている うのさん
いつしか そのカリフラワーは私の名前から『か寿フラワー』と名付けられ
その成長過程を私も見守ってきた。


そしてついに4月下旬、収穫時期を迎えた『か寿フラワー』をうのさん宅に新築された
ウッドデッキでBBQとともに宴ることになり、たまちゃんと一緒にご自宅訪問。
まずは、自分でその見事な『か寿フラワー』を収穫
a0224731_22241255.jpg

駅のホームの人から見れば完全に畑ドロボー。笑
a0224731_22252917.jpg

他にもスティックブロッコーリーなんかも収穫して うの邸へ

つづきは、こちら・・・

ときは 4月28日土曜日
場所は 人形町にある日本橋社会教育会館の調理室
私を含めた28名のセミナー受講者が集まった。


フードアドバイザーである八丁堀女将ことみのりさん
予てから こだわりとその旨味を推奨してきた『塩麹(こうじ)
いまや大ブームとなった『塩麹』、その本来の使い勝手と美味しさをセミナーとして開催してくれました。
a0224731_17263497.jpg

ここでは、塩麹ではなく あえて『塩糀』と表示してあり

まずは 市販のいわゆる『塩麹』とみのりさんお手製の『塩糀』の味の違いから学び
市販のモノを使う際は、原材料に『酒精』の記載の無いモノを選んでみるのが良いことなど・・
a0224731_17263727.jpg

a0224731_20561335.jpg


講師であるみのりさん
我々 いわゆるみのりさんの身内系(←みのりさん曰く)の受講者数名は
八丁堀女将亭』でつい2週間前 みのりさん直々に『塩糀』料理の究極の美味しさを
堪能させていただいていたので他の参加者の方々とはまた違った受講(応援)体制での参加。笑
a0224731_17264829.jpg

講座はこんな感じでみのりさんの実演からスタートした



1テーブル6名の我々は みんな仲間内。
さて、この米麹に塩を混ぜ 天然水(硬水)を2回に分けて注ぎ
両手でモミモミ・・ モミモミ・・
a0224731_17264918.jpg

みんなで楽しんでいる あっチュー間にMy塩麹の素が完成ーーーーっ!!
a0224731_17265045.jpg

自宅でこの季節なら7~10日間 ボールに移して発酵させれば出来上がり。
a0224731_17265356.jpg



セミナーはこの後、実際に塩こうじを使っての調理実習3品♫
持ち帰り用に、『きゅうりの塩こうじ浅漬け』をササッと作って
ここでの試食用に、『人参の胡麻和え』と『きのこのソテー』を6名で手分けをして調理

ピチピチのエプロンを身にまとった まっちゃん先生は、生椎茸とエリンギを炒める係
(男性参加者2名だったけど、いつもの女子に囲まれて楽しそうだったまっちゃんセンセー)笑
a0224731_1726572.jpg

そして、完成した塩こうじメニューがこちら
a0224731_17265878.jpg

おとなの調理実習、楽しく有意義な時間でした。
みのりさん ステキなセミナーをありがとうございました!!

昼間のセミナーだったので、この美味しい2品を食しビールが欲しくなった私たちは
このあと 日比谷へと進み、有楽町ワイン倶楽部で酒盛りしたのでした。
ここでまた、新たなご縁もあり 次回の宴話で盛り上がりつつ、めずらしく私は一次会でみなさんよりお先に家路へ向かい充実のGW初日を終えたのでした。


【塩こうじの魅力とは・・・・】
塩こうじは素材の旨味を引き出す万能調味料
健康に良く料理が簡単で味に劇的な変化をもたらす
野菜はもちろん、魚・肉との相性も抜群である。
“素材の×10%の塩こうじ” これが基本


そして、本日からこのMy塩麹を1日1回、毎朝モミモミして完成を待ちわびるのです。
a0224731_17265936.jpg


4月14日土曜日 築地
沖縄からてんもりさんが遊びに来たので
寅さんプレゼンツ『丸ごと一日食い倒れツアー』

すでに 築地場外きつねや
朝7時に肉豆腐定食で寝起きの一皿を済ませた3人と出遅れること1時間、私も合流。

AM08:00 あと2人の合流を待ちながら、
毎週土曜のみ営業しているという おばあちゃんのコーヒースタンドで
起き抜けの1杯を55年の年季が入ったミルとコンロで温められたコーヒーカップで。
a0224731_1824612.jpg

さ、朝食はこの日の夜の宴用の買い出しついでに合流してくれた八丁堀女将の勧めで
雨の築地のおかげで並ばずに入店できた ここ築地寿司清本店で大名ちらし
a0224731_1824627.jpg



AM10:00 車を走らせ30分、つづいて板橋・大山のピノキオへブランチに
なんともなつかしい店構えの店内には、なつかしのインベーダーゲーム机が!!
a0224731_1824820.jpg

喫茶店ならではの 大好きなナポリタンも
a0224731_1824882.jpg

ミルクピッチャーもピノキオならではのなつかしミニサイズ
a0224731_1824838.jpg

そして・・・・
寅さんが足しげく通うここピノキオの 一押しホットケーキもオーダーし
テレビ・雑誌で人気爆発の影響で毎週末行列の店のマスターが
その出来上がりまでの工程を間近で解説付きで披露してくれた。
オーダーが入ってから作り始めるという夢のホットケーキ
a0224731_13102642.jpg

a0224731_13102749.jpg

マスターの完璧なこの手作業で みごとな真ん丸型に
a0224731_13102998.jpg

デタ!! これがピノキオ夢のホットケーキ
a0224731_13103048.jpg

そしてこの厚さ
a0224731_13103170.jpg

完全にゴックン『待て』状態で 各々撮影(笑)
a0224731_13103266.jpg

ナイフを入れるとズッシリしてるのに食べればサクッとしてて、
文句なしの☆☆☆(星三ッつ~)
a0224731_13103283.jpg

板橋・大山ピノキオでの大満足のブランチタイムでした(笑) 
a0224731_13102888.jpg



そして・・・・、一行は引き続きまさかのランチへ

つづきはこちらから・・・

この夏はこれに決めた!!

フーテンのリチャード・ギア推奨
フランスの国民的炭酸
ORANGINA Sparkling
a0224731_2152583.jpg



家でもオフィスでも病みつき
さっぱりとした味わいの微炭酸
a0224731_21525850.jpg



3月27日の発売から
すでに夏が待ち遠しくなるほどの 私のイチオシ
a0224731_21525916.jpg

a0224731_2233830.jpg

a0224731_2233877.jpg



CMの子の笑いが かわい過ぎる


花びらの色づきが
例年より少し薄く白っぽかった気がする ソメイヨシノ。

ずっと満開になるのを待ってた 今春のさくら。
今夜の雨風で また来年までお別れだな....


舞い散る花びらを見送ったら まもなく夏が来る。
a0224731_215466.jpg


二丁目から見る 落ちてゆく夕陽
だんだん 夕陽と富士山の距離がはなれてゆく....
a0224731_1913415.jpg


エイプリルフールが終わったというのに
ウソのような業務量だったヘトヘトな帰り道。

コバラも減って 頭と心に浮かぶのは、コレ!!
沖縄 『陶冶処 風庵』のPPZ
a0224731_1482477.jpg


あー、PPZと炙りマシュマロ 頬張りたい・・・と、
妄想重ねながら家路へ向かう深夜2時。
a0224731_148259.jpg



※PPZ/パンプキンぜんざい(誰だ、略したの。笑)

桜の開花宣言がついに出たエイプリルフールの今日
4月から中3になる愛甥っ子から 春休みのデートの誘い。
韓流にハマってる彼の希望は、ここ数年 まいどの新大久保
a0224731_21131373.jpg

ランチのリクエストは まいどの冷麺
a0224731_21131329.jpg



KARAとか少女時代とかじゃなくて、
2PMとか東方神起とか男性アイドルが彼の好きな韓流ヒストリー

去年はひたすら2PMだったのに いつの間にかチャン・グンソクに心変わりしていて
まったくワケのわからない私にはヨン様とビョン様以外はほとんど区別がつかない・・・・
a0224731_2113137.jpg



甥っ子のお気に入り、ホットクの店の場所だけは覚えてる
a0224731_2113142.jpg

はちみつホットク200円
a0224731_21131411.jpg



とかなんとか言いながら
大久保通りと職安通りの間で いちばん安くパックを売ってる店はちゃんと押さえてる私。

30枚で1,050円、安っ!!
去年は『カタツムリ』が流行ってたけど、いまは『ヘビ毒』らしい
巷のドラッグストアで同じものが1枚150円で売られちゃってるしね。
・・・・だから、まいど大人買い。
a0224731_1755787.jpg


More