「ほっ」と。キャンペーン

エネルギー補給はまだまだつづく(笑)


++++++++++++++++++++
水のエネルギーが循環するワイピオ渓谷へ
ハワイ語で「循環する水の流れ」を意味するワイピオ
大好きなこの場所で乗馬散歩を楽しむの巻

ホノカアの町からさらに北部へ進み集合場所のワイピオ・バレー・アートワークスへ
a0224731_17304582.jpg

おまえも一緒に行くか! ドギ吉!!
a0224731_1733039.jpg

一般の車やレンタカーは規制があって下りていけないこの渓谷
バンに乗り換えて水や植物・生き物たちの神秘的な生命を感じる谷底へ
ワイは「水」、ピオが「曲がっている」を意味する渓谷
a0224731_1741311.jpg
a0224731_17412069.jpg

2.5時間の渓谷乗馬ツアー
前回に引き続き この気持ちの良い場所での乗馬。ガイドも2年前と一緒の彼。
嘘かホントか、私のことを覚えていたガイドの彼。容赦なく英語で話しかけてくるので
『yeah~, uh~huh, um~hum』と適当に答えて2.5時間の最高な散歩がスタート!
a0224731_17483688.jpg

思えば、ハワイ島の旅は つねに馬と戯れてたゎ(笑)
a0224731_17504923.jpg


ここワイピオはハワイ島の中でも雨が多く、水の恵みが豊かな地
渓谷のふもとではタロイモの栽培が盛んなエリア
a0224731_1841276.jpg
a0224731_0182764.jpga0224731_1845975.jpga0224731_18144274.jpga0224731_1816272.jpg
野生の馬ファミリーにも出会えるワイピオ散歩
自然って素晴らしいーー! を全身で感じながらの散歩。すてきです。
a0224731_18201267.jpg

生まれ変わるならハワイ島の馬でもイイカモ.... とも思えた時間でした。


++++++++++++++++++++
落下速度130mの巨大な滝 アカカ・フォールズ国立公園へ
緑豊かな軽いトレッキングに適したこの国立公園は、ジャングルをぬけるようにアカカ滝とカフナ滝を遊歩道で周れる最高の場所ですな
a0224731_18324752.jpg
a0224731_18341643.jpg
a0224731_18343328.jpg



++++++++++++++++++++
いまでも活火山として活動する キラウエア火山ボルケーノ国立公園へ
まずはビジターセンターで最新情報と日本語地図を入手
a0224731_18562834.jpg


>>まずはハレマウマウ火口
火の女神ペレがタヒチからハワイ諸島へやって来て、最終的に住処に落ち着いたと言われるハレマウマウ。古代ハワイアンは、火山が噴火するたびにペレの怒りを静めようと祈りを捧げたのだと。
a0224731_1849394.jpg
a0224731_18492148.jpg
a0224731_1849376.jpg
a0224731_18495140.jpg


>>チェーン・オブ・クレーターズ・ロードを4WDで突っ走る
a0224731_1913511.jpg
a0224731_1924329.jpg

ビジターセンターからは片道29km(所要時間往復3時間超)の溶岩地帯の中をドライブできる舗装道を海岸まで1128m下ると、1986年以来16kmにわたって道路を寸断した溶岩大地、このクレーターズ・ロードの終点地にぶつかる。
a0224731_198476.jpg

2年前と7年前にも来たこの場所で夜には遠くに赤い煙が見えたこともあったけど
今回は初めてこの先へと歩いてみた。
途中、こんな生きた溶岩大地の中にも生きる植物や花々だちに感動しちゃったりしてa0224731_19143927.jpga0224731_191565.jpga0224731_19152242.jpga0224731_19155081.jpg
強く生きることをこんな小さなモノたちから学んじゃったりもした
a0224731_19485044.jpg
a0224731_19503478.jpg

歩くこと15分、道路が溶岩で埋まっているところへ

<つづく>

歩いた先は、こちらへつづく・・・・

まだまだ終わらないハワイ島紀行!笑

Big Island
大自然の神秘と伝説と歴史の詰まった 神の島
神聖なエネルギー、マナと言われる力が宿る楽園の、聖地と呼ばれる大好きな場所をあっちへこっちへ1週間かけ廻って来たのでした。


++++++++++++++++++++
アメリカ最南端のカ・ラエ岬(サウス・ポイント)へ
カ・ラエとはハワイ語で「先端」という意味
a0224731_1213987.jpg

先端の地では馬も牛も自由に牧草で生きている
a0224731_1224224.jpg

常に強風の先端の地らしく、草木はすべて風に吹かれて花輪くん状態
a0224731_1254533.jpg

そして、ここが最南端。有名な釣りスポットでもあり船の上げ下ろしに使われる滑車
a0224731_1275592.jpg



++++++++++++++++++++
プウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園へ
かつてハワイ王朝時代の「逃れの地」を意味するプウホヌア
朝食後の散歩がてらにこの島の遺跡に触れました。

老若男女問わず多くの命を救ったキイ像
a0224731_0233449.jpg

a0224731_14257100.jpga0224731_0142853.jpga0224731_015545.jpga0224731_0251864.jpg
a0224731_0303472.jpg

この日は居なったけど、ここにも時々カメがやって来る。
で、お土産にススメられたカメのラウハラ(心が揺れたけど冷静に買わなかった)笑
a0224731_0375826.jpg



++++++++++++++++++++
雄大な夕日と満点の星空を眺めに標高4205mのマウナ・ケアへ
太公望ツアーに参加して、2年前にここへ来たときは真夜中に出発し、
ライジングサンな朝日を全身に浴びたので今回はお昼出発のサンセットツアー。

広大なパーカー・ランチ(牧場)を通ってマウナ・ケア国立公園へ
全米最古のパーカー牧場の広さはなんと東京23区の1.5倍だとか...a0224731_15292092.jpga0224731_15295033.jpg
徐々に上がる標高にカラダを慣らすため溶岩跡地エリアで一休みしつつ山頂へ
標高が上がるにつれ植物も減って、それでも小さく咲いてる不思議な光景a0224731_1534116.jpga0224731_15342329.jpga0224731_15345170.jpga0224731_15352175.jpg
標高2800m地点、中腹にあるオニヅカ・ビジターセンターで夕食休憩
*エリソン・ショージ・オニヅカ(鬼塚承次)さん
ハワイ島コナ出身の日系人初の宇宙飛行士で1986年の2度目に搭乗したチャンレンジャー号の爆発事故で39歳の若さで殉職した人。その偉業をたたえてこのセンターがあるのだそう....
a0224731_1614630.jpg
a0224731_15563063.jpg
a0224731_15565138.jpg
a0224731_15571780.jpga0224731_15573665.jpg
銀色の鋭い葉先が剣に似ていることから呼ばれる「銀剣草」
世界中の中でヒマラヤとマウイ島のハレアカラ、そしてここマウナ・ケアだけに生息する希少な高山植物(間近な太陽に照らされてホントに輝くシルバーできれいだった~)
a0224731_1681289.jpg

さらに車でどんどん上がっていよいよ雲の上へ
a0224731_161610100.jpg

山頂近くに落ちてる石も軽石状態になってた
a0224731_16174781.jpg

世界各国の天文台が集まっている観測所。
そして左側が 日本の「すばる展望台」
a0224731_1623394.jpg

ガイトさんがあれこれ説明してくれてるにもかかわらず、私は懸命に傾く太陽と影遊びww
a0224731_16261560.jpg


山頂の気温はコンディションが最高なこの日でさえ 5℃
防寒コートと手袋とマフラーとタイツと背中と靴中に貼ったホカロン姿に変身完了。
時刻がサンセットタイムに近づくにつれ世界中からの観光客が集まり出して
a0224731_1635116.jpg
a0224731_16352529.jpg

地平線に沈んでいく太陽がオレンジになって、
ピンクやパープルの夕焼けに空の色が変わってゆく~~~~。みんな無言~~
a0224731_1640155.jpg
a0224731_16454234.jpg
a0224731_1646819.jpg

きれ~~~~!! さむ~~~~い!!!
a0224731_16475462.jpga0224731_16482051.jpg
このあと、再び2800m地点まで下りてオニヅカ・ビジターセンターで満点の星空観測をして、パワーポインターで示されないと分からないくらいの星座の数々を見上げ、極寒の中で幾つもの流れ星☆彡を追いかけて、深夜のホテルへと戻ったのでした。

10月の連休はオキナワへ


毎年 この連休中に開催される那覇まつりの交通規制をくぐり抜け
空港から一路、帰省気分で向かう南部 玉城『海坐
a0224731_1348245.jpg
a0224731_1349375.jpg

連休だというのに Welcome状態で迎えてくれた海坐は
驚くことに なんと贅沢な貸切海坐☆


夕方着ということで良い感じに喉の渇きも最高潮だったため、いつも頂くハイビスカスティーのウェルカムドリングを敢えてパスして、海坐のおとうさん、おかあさん、連休オキナワ旅を共にしたたまちゃんと、そのまま新原(みーばる)ビーチへLet's ら ゴー!!
a0224731_13503624.jpg
a0224731_13512398.jpg


夕暮れ前の新原ビーチには まだ浜遊びを楽しむ近所のこどもたち
(砂風呂を楽しむナイスなこども)笑
a0224731_13535727.jpg




今年5月にここ新原ビーチにOPENしたネパール料理『食堂かりか
も、行きたくて行きたくて仕方なかった かりか。
海坐のおとうさん・おかあさんが予約を入れてくれて いざ念願の『夜☆かりか』
a0224731_148032.jpg
a0224731_1482238.jpg



オキナワも季節は夏から秋へ
心地よい静かなこのビーチを眺め 心地よいBGMを聴きながらの夜☆かりか
a0224731_14115175.jpg
a0224731_1456844.jpg

ネパール出身のシェフ、ジェシーの笑顔は料理とともに最高
a0224731_14334360.jpg

最高の顔ぶれと、最高の場所で、最高の宴だった夜☆かりか♪
a0224731_14512279.jpg
a0224731_1522424.jpg
a0224731_1525497.jpg



盛り上がりも最高潮な一行(4名+ひーじゃージージ葛原さん)は、かりかを後にし玉城のカラオケバー『倭』へと流れ、カウンターの地元常連客を圧倒させるカラオケショーを披露し、深夜の玉城に奇声に近い笑い声と歌声を響かせたのでした。汗;;
a0224731_14334467.jpg

a0224731_15134559.jpga0224731_1514166.jpg

(※何かと問題があるので、あえてボケ画像を....;;)ネ、オカアサン、タマチャン



つづく

海坐での翌朝は、こちらから・・・・

友人夫妻が昨日から開催中の『3人展』
今夜(さっき)行われたオープニングパーティに夫妻に会いに行って来た。
a0224731_22214940.jpg

a0224731_22215031.jpg



作品名『ヤンバルクイナ』
a0224731_22214731.jpg



ヒロトくんがボールペンで描く
しずく涙の中の動物たち。
a0224731_2221489.jpg

a0224731_22215416.jpg


同級生のみりかちゃんと、そのオットのヒロトくん
ふたりの合作絵本
ずっと楽しみにしてた この絵本
手にした途端に何度もページをめくってしまう絵本です。
a0224731_22215462.jpg




-----------------------------------------------------------------
a0224731_2346348.jpg


 「3人展」
日時:2012年10月4日(木)10時〜10月9日(火)19時30分
場所:ルヴァン(隣にあるカフェスペース ル・シャレにて展示を行います)

ポシェットタマザワ
藤崎 裕人(Studio Hatch
藤崎 みりか(Studio Hatch)による「3人展」

今回、総合ディレクションを小宮山 洋さんにお願いし、
「水」をテーマに作品を作りました。

ポシェットタマザワは「言葉並べ」
Studio Hatchは合同で絵本制作
絵本のアートディレクションは、小宮山 洋さんが担当。

藤崎 裕人は、イラストと原画を展示、藤崎 みりかは、文章を担当。
期間中、絵本の販売も致します。
それぞれがどんな「水」を表現しているのか皆様に見つけて頂けたら嬉しく思います。

皆様のご来場心よりお待ちしています。


期間:2012年10月4日〜10月9日(会期中お休みはありません)
時間:10時〜19時30分
   :10時〜23時(金曜のみ)
   :10時〜18時(日曜のみ)

場所:ルヴァン(ル・シャレ)
    
    〒151-0063
    東京都渋谷区富ヶ谷2-43-13
    TEL&FAX:03-3468-9669


私にとって初のルアウ・ショー
『ルアウ』とは、ハワイ式宴会のこと。

古代から受け継がれたハワイの伝統文化と料理を堪能するため、今回は日本から『ハノハノ』という特別指定席を予約しておいたのです♪

場所は「キング・カメハメハ・コナ・ビーチ・ホテル」のビーチサイド
まだ夕暮れが始まる前から ぞくぞくとゲストたちが集まり出していた。
a0224731_013867.jpg

でも 特別指定席チケットを持つ私たちは、シェル・レイをかけてもらって優先入場!!
お先しま~~す♪(笑)
a0224731_0164535.jpg

ゲストはほとんどアメリカ本土からの観光客で、ジャパニーズはほんの数名でした。
a0224731_0184376.jpg



ウェルカム・ドリンクは、バーでフルーツポンチやマイタイをフリーでオーダーして、ショーが始まるまで しばし、ハワイアン・ミュージック・ライブを楽しみます。
a0224731_0241283.jpg
a0224731_0243756.jpg
a0224731_0251985.jpg



そして、『イム・セレモニー』
イムとは、土中に作られた釜戸のこと。
ブタちゃんを丸ごと一頭バナナの上にのせて、朝から何時間も蒸されたものを掘り出す儀式。
細かく裂いて ハワイアンソルトで味付けされ、カルア・ピッグとなるのです。
a0224731_032798.jpg



あぁぁ ブタちゃん・・・・。
って思ってる間にロイヤルコートたちがカヌーでビーチフロントへ到着し、何やらまた儀式。
a0224731_042149.jpg
a0224731_0423551.jpg
a0224731_0433472.jpga0224731_0442040.jpg
a0224731_0454323.jpg
a0224731_0461452.jpga0224731_0465913.jpg


一通りのセレモニーを終えて、ビュッフェ会場には宴のための伝統料理がずらり。
さぁ、さ、ディナータイムスタート!!
a0224731_125718.jpg
a0224731_13375.jpg

結構 食わず嫌いが多い私は、ほ~ら無難にチョイス☆
a0224731_16613.jpg

アヒ(マグロ)とかパイナポーとか、無難なチョイス;;
a0224731_172478.jpg
a0224731_175157.jpg



夕暮れが始まる頃、バンドの準備も整いいよいよポリネシアダンス・ショーもはじまりー!
a0224731_114623.jpg
a0224731_1143575.jpg


つづく

ポリネシアダンス・ショーのつづきは、こちらから・・・